スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー/藤田晋

  • 2012/04/24(火) 22:12:34

今週読んだ本。
感想→もっと目的意識と緊張感を持って仕事しないと、生き残っていけないな、オレ…。
ネット業界よりはスピードは遅い業界とはいえ、顧客評価がすべての業界にいるから、日々少しずつ勉強しよう!

1セオリーあたり2、3ページだから、通勤・休憩時間とか細切れの時間でも切りよく読めるのでオススメ!
著者自身の経験をもとに書いてるから、説得力もある。
この経験値を得たうえで試行錯誤すれば成長速度も上がるはず!

面白そうな会社だと思ったのでサイバーエージェントの株をちらっと見てみたけど、割高感があって今は買えないなぁ。

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー
(2009/04/27)
藤田晋

商品詳細を見る

スポンサーサイト

中学生からの愛の授業/宮台真司

  • 2010/12/26(日) 10:55:46

P228-229

 自分のことは、できるだけ自分でコントロールできたほうがいいんだ。クスリに依存するっていうのは、その力を放棄することなんだ。大事なのは、「もっと自分に対して優しくなれ」ってことさ。いつも元気じゃなきゃいけないわけじゃないんだ。
 落ち込んでる自分は「ダメなやつ」なの?なんでそんなに自分に厳しいの?たとえば、人間関係って難しい。自分で頑張ってみてもどうにもできないことだらけ。「いいときも悪いときもある」って思えなきゃうまくやっていけないだろう。
 (略)
 ダメなときはダメでいいんだ。恋愛もそう。いつも仲良しなんて無理さ。そもそも人間同士の関係なんて、いろいろあって当たり前なんだ。変に自分を愛する「ナルシシズム」ではなっく、自分のあり方や人間関係に対する「寛容(広い心)」という意味で「自分に対する愛」が必要だよ。
 (略)
 そう。そして「他人に対する愛」が「自分に対する愛」にもるながる。「自分の幸せ」と「他人の幸せ」を切り離して考えている人は、一人寂しく死ぬことになるのさ。


P239 

 日本が豊かになるにつれて、「貧しくとも楽しい我が家」が減って、「金の切れ目が縁の切れ目」が増えてきた。(略)
 「貧しくとも楽しい我が家」が減って、「金の切れ目が縁の切れ目」が増えることを、専門的には「包摂性がなくなる」って言うんだ。「包摂」っていうのは、個人が剥き出しで雨風にさらされないように、社会によって包まれているっていうことを意味している。
 「包摂性がある」ことを「社会の厚みがある」と言ったり、「包摂性がない」ことを「社会が薄っぺらい」と言ったりもする。今の日本は、社会が薄っぺらいからこそ、世界同時不況やグローバル化による経済格差が個人を直撃して、不幸に落とし込む。
 それで、仕事を失い、金を失うと、直ちに家族を失い、最終的には孤独死や自殺したりすることになる。よく「そいつらが弱いからだ」って責める人がいる。個人を責めてもいいけれど、責めどころが完全に間違っていると思うんだ。
 人間が弱いのは当たり前だ。一人で死ぬのが寂しかったり恐かったりするのも当然だ。だったら、不況や病気で仕事を失った瞬間に離婚したり一家離散したりしないようにちゃんと絆を作っておかなきゃダメだ。
 絆があるかどうかを見極めるのは、一人寂しく死なないで済む自信があるがどうか、だと思う。さっきの話でいえば、無縁死や孤独死をしないで済む自信があるかどうかっていうことなんだ。


中学生からの愛の授業中学生からの愛の授業
(2010/06/15)
宮台真司

商品詳細を見る

スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝/アリス・シュローダー

  • 2010/12/08(水) 20:08:53

新しい職場にも慣れてきた今日この頃。
皆さんはどうお過ごしでぷか?

転勤で片道1時間の電車通勤になったので、行きは新聞、帰りは読書の時間に充ててる。
投資関連ではバフェットの本を読んでる。
読んでる感じでは、バフェットが思ったよりお金に強烈な執着心を持ってたのは意外だった。
けど、やっぱりそれが根本にないとあれほどの高みへは行けない。
あと、投資手法がグレアム流バリュー投資からバフェット流バリュー投資への進化する過程が一番面白そう。

ちなみに、元気な引きこもりファンドは現在、株価上昇の流れに乗って年初来約+10%のパフォーマンスでぷ。

スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝
(2009/11/20)
アリス シュローダー

商品詳細を見る

医療保険なんていりません!/荻原弘子

  • 2010/09/23(木) 22:28:53

保険の見直しをしようと思って購読。
まだちゃんと読んでないけど、健康保険に入ってれば医療保険って本当に必要なのか?
必要だとしても最低限でいいんでないの?という内容っぽい。

医療保険なんていりません! (新書y 224)医療保険なんていりません! (新書y 224)
(2009/10/06)
荻原 博子

商品詳細を見る

お正月に読んで印象に残った本

  • 2010/01/04(月) 20:31:38

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)
(2006/02/10)
野村 克也

商品詳細を見る


改めてプロってすげぇと思った。
いや、プロ以前に人としてすげぇ。

2010年のペナントレースが始まるまでに読んでみると、野球観戦が100倍楽しめるかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。