FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文藝春秋 2008年2月号

  • 2008/01/25(金) 22:35:32

文藝春秋 2008年2月号「不老革命 アンチ・エイジングの衝撃」でもぎけんが、脳の報酬系がうまく回っている(ドーパミン系の神経伝達物質が充分に分泌され、脳内にうまく行き渡っていること)、つまり「状況を主体的にコントロールしていると感じているかどうか」が重要。
仕事をさせられているのではなく、仕事を主体的にしているという感覚があると、どんなに忙しくてもストレスにならないと言ってた。
なるほどなぁと思った。
確かに、受動的な態度でいるより能動的にやっているんだという意識があると、ストレスになりにくいかも。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。