スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物と無生物のあいだ 福岡 伸一

  • 2008/02/23(土) 22:46:14

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


「生命とは何か」という問題を、自己複製の根幹となっているDNAの発見、著者の研究史等を追体験しながら考察しようという内容。
野口英世、オズワルト・エイブリー、ロザリンド・フランクリンの話は意外でおもしろかった。
科学者の世界って結構ドロドロしてるんだな。

それにしても、著者はスゴイ。
内容は理系なのに、まるで小説のような文章。
例えもうまいし、わかりやすい。
こういう人のことを「教養がある」って言うんだろうな。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生物と無生物のあいだを読んだ感想です。

ドブリー ヴェチェル......なぜか、スロバキア語。鬱陶しい日々が続いています...

  • From: NOVEL案内 |
  • 2008/03/09(日) 18:09:35

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。